独学で未経験からWebデザイナーになるためにやった全てを公開

Webデザイナーとは

会社によって業務内容は変わってきますがWebデザイナーはWebサイト(ホームページ)を制作する仕事です。

 

Webデザイナーとは、PhotoshopやIllustratorなどのグラフィックソフトを使用してWebサイトのデザインをおこない、そのデザインをもとにHTMLやCSSなどの言語を使用して実際にWebサイトを制作する人です。

出典:Webデザイナーの仕事内容|IT・Web業界の特化の求人情報サイトFind Job!

Webサイトとは普段あなたがスマホやパソコンで見ているWeb上のサイトです。

アナタが見ているこれもWebサイトになります。

 

こちら、人気ウェブデザイナー 中村勇吾が仕事の流儀に出ていた時の動画です

↑ 動画です↑

クリックで再生されます

 

Webデザイナーの種類

Webデザイナーでも種類があり、仕事内容も違ってきます。

  • デザイナー
  • コーダー

 

デザイナー

サイトのデザインをする人を「デザイナー」です。

コーダー

WebサイトをHTMLなどで組んでいく事を「コーディング」、

その作業を担う人を「コーダー」と言います。

 

大まかかに分けると「デザイナー」と「コーダー」の2種類になりますが、最近のWebデザイナーはデザインとコーディング両方を求められることがほとんです。

カンプ

つまり、Webデザイナーになるには

「デザイン」と「コーディング」を覚えないといけないって事だね

 

また、Webデザイナーとは別の職種になりますが、どんなサイトを作るか企画する「Webディレクター」や「プランナー」などもあります。

WebディレクターはWebデザイナーの管理・育成がメインとなるので、元々Webデザイナーだった人が昇進してディレクター側になるケースが多いです。