独学で未経験からWebデザイナーになるためにやった全てを公開

Webデザイナーの仕事・実態・流れの簡単まとめ

Webデザイナーの仕事・実態・流れの簡単まとめ

 

この記事ではwebデザイナーの仕事内容についてご紹介。

webデザイナーってどんな仕事をしてるんだろうと疑問に思ってる方はぜひ読んでみて下さい。

また未経験からwebデザイナーなった僕の一年目の仕事内容も公開してるので、そちらも合わせて読んでみて下さい。

 

Webデザイナーの仕事について

Webサイトの構成の作成

お客様がこういうWebサイトを作りたいというコンセプトをヒアリングし、どこに何の画像や説明文を置くかを決めます(構成の作成)

構成をお客様に提出したら、その構成がどういう意図で置いたかなどの説明をし、お客様に納得し合意をもらったら次のデザインフェーズに進みます。

ですがこの構成がなかなか固まらないことが多くお客様からは曖昧な意見が多いのでその真意や語られない要望を汲み取りながら修正案を出す必要があり、その辺が大変だったりします。

webデザインの作成

構成が決まりましたら次は実際のデザインに入ります。

これはPhotoshopやイラストレーターと言ったデザインツールを使用して作ります。

構成を元に作成しますが実際の物を見てデザインの変更をしてくるお客様も多くここも構成と同様にお客様の意図を汲み取りながらやる必要があります。

コーダーとの調整

webデザインの合意がお客様と取れたら次はプログラミング側の担当者との調整があります。

デザインとプログラミングを同じ人がやることもあれば
他の人にやってもらうこともありまちまちです。

プログラミングをする人に出来るか出来ない場合は代替案を出したりなどコミュニケーションをとる必要があります。

ここまで来ればあとはプログラミングをする人の範疇となり手を離れます。

人間関係

ディレクターとコーディングの二人の間で作業をするのがwebデザイナーです。(自分の場合はwebディレクター兼任でやるので当てはまりませんが)

なので二人の人間と関係よく過ごす必要があります。

勉強について

webのデザインについて古くならないよう常に勉強する必要があります。
雑誌での色使いや広告などを見て構成がどうなのか。

いま流行っている言葉やデザインは何なのか。

メディアを問わずに拾い続けていく必要があります。

また最近では自動でwebサイトを作成してくれるようなツールも多く

自分の独自性は何かを考えてキャリア形成をしていく必要があります。

給与面

デザイナーだけですと350万~420万前後の給与になると思います。

(税金を引いた手取りで25万前後)

関連記事 未経験でWebデザイナーになった僕の給料と年収を大暴露!

仕事を増やす(お金を直接稼ぐ)ディレクターや営業にお金がいくのは必然のためこれからwebデザイナーを目指す人はまずディレクターを目指してお客様が何を考えていて要求を弾いてのコントロールを学ぶ必要があると思います。

 

webデザイナー必見の転職サイト



Webデザイナーに転職するには、転職サイトや、キャリアコンサルタントがサポートしてくれる転職エージントに登録するのが一般的です。

しかし、転職エージェントだけでも1万社以上もあるといわれており、初めて利用する人はどの転職エージェントを選べば良いか分からないですよね。

当サイトではWebデザイナーに強く、さらに未経験OKのおすすめ転職サイトをランキング形式で紹介します。

また、未経験でWebデザイナーを目指すなら「独学で未経験からWebデザイナーになるためにやった全てを公開」も合わせて参考にしてみてください。

WORKPORT(ワークポート)

ワークポート
求人数
(5.0)
求人の質
(5.0)
担当者の質
(4.5)
総合評価
(5.0)
ワークポートの総評
未経験から正社員のWebデザイナーになりたい場合は、『ワークポート』は登録必須の転職エージェントです。IT系にかなり強く、しかも案件数が膨大のため、未経験でも応募できる求人が数多く存在します。

僕も実際に登録していますが、3日に一通の頻度でメールでたくさんの求人情報を届けてくれます。

あまりきめ細かくこちらの希望に合わせてはくれませんが、とにかく量だけは豊富なので、自分の行きたい企業が選びやすいです。

\ 未経験者でもOK /

無料で今すぐ
相談してみる

登録は60秒で完了

マイナビエージェント

マイナビエージェント
求人数
(4.0)
求人の質
(4.5)
担当者の質
(4.0)
総合評価
(4.5)
マイナビエージェントの総評
マイナビエージェントは転職エージェント業界ではリクルートやDODAに次いで業界3、4番手ですが、1位のリクルートや2位のDODAと比べると規模も扱う求人数も大きく引き離されているのが現状です。

実は、大手と比べると『登録者が少ない』転職エージェントなんです。 一見、デメリットに感じる人もいるかもしれませんが、登録者が少ない分、1人1人の転職希望者にかける時間は大手よりも多く取ることができます。サポートが丁寧な分、利用者満足度が高いというのが最大のメリットと言えるでしょう。

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、さまざまな職種を専門とするスタッフです。未経験の職種でも、その仕事の実情などについてしっかりサポートしてくれるのが特徴。

\ 転職のプロによるアドバイス /

無料で今すぐ
相談してみる

登録は60秒で完了

ProEngineer(プログラマカレッジ)

ProEngineer
求人数
(5.0)
求人の質
(4.0)
担当者の質
(4.0)
総合評価
(4.5)
プログラマカレッジの総評
年間300人を輩出する完全無料IT研修&就活塾ProEnginnerは、通常なら数十万円はするプログラミングの講座を無料で開催し、さらに就職支援までしてくれるエージェント。

正社員就職率96.2%は驚異の数字を誇ります。求人数は3000件以上で、就職先もサイバーエージェントグループやチームラボ、IMJなど有名企業が多いです。 フロントエンドエンジニアやプログラミングに強いWebデザイナーになりたいなら、無料なのでぜひトライしてみてください。もしエンジニアの素質があるなら、年収もグンとアップします。

\ 正社員就職率96.2% /

無料で今すぐ
相談してみる

登録は60秒で完了